ページの先頭です

税金の教科書|難しくない税金の情報サイト

税金とは

税金とは

毎日生活するなかで支払う「消費税」や、仕事をしていて給与に応じて納める「所得税」など、身の回りで知っている税金だけでもいくつもありますよね。
ちょっと知っているだけのものを挙げてみても、「住民税」だとか「固定資産税」なんていうものもあり、一体日本の国の税金って何種類あるの?って疑問に思うかもしれません。
それだけたくさんある税金は、納めたあとどのような役割を果たしてくれるのでしょうか。
>>続きを読む

どうして税金を納めるの?

「税金」のしくみがよく理解できていないと、「どうして税金なんて納めないといけないの?」と思ってしまうかもしれません。
しかし「税金」を納めるのは「国民の義務」となっていて、どの人も必ず決められた税金を納めるようになっています。
もちろん所得などに応じておのおの納める額に差はあるものの、必ず「納めるべきもの」なのです。
では突き詰めて「税金を納める理由」を考えるなら、どういうことが挙げられるでしょうか。
>>続きを読む

税金はどこへ?

さまざまな場面に応じて納めている「税金」ですが、その納めた「税金はどこへ」行ってしまうのでしょうか?
実際その「税金」に●●税などといった名前で、●●に使うための税金です、と明記されていたとしたら、●●に使われるために支払っているんだな、と理解できていいかもしれません。
しかしこれに使います、ということが明確に分からないことから、「何に使っているの?」「ムダにされているんじゃないの?」と疑いたくもなるところですよね。
ここでは「税金がどこで」使われているのか、ということについて解説していきます。
>>続きを読む

税金の種類

「税金」と聞いても、知っている税金は「所得税」「住民税」「固定資産税」に「消費税」…個人で知っているものといえば知れていますよね。
しかし今ある税金がどのくらいの種類あるか、と調べてみると、なんと50種類前後もあるんだそう。
ただ一般的な日常生活において、知っておく必要のある税金は限られていますので、ここでは一般的なお仕事をされている方に知っておくとプラスになる「税金」について解説していきます。
>>続きを読む

税金の使い道と割合

「税金」がどんなことに使われているのか、ということについては、社会を運営していくため、ということで理解ができてきたところではないでしょうか。
しかしやはり一般庶民が気になることといえば、納めた「税金」がどのくらい、どこに運用されているのか?ということ。
理想論で言うなら、自分が納めた「税金」を「ここに使ってくれ」と申告できればいいのに…と思う人もいるのではないでしょうか。
実際に現状では「税金の使い道」とその「割合」については、どうなっているのでしょうか。
>>続きを読む

ピックアップリンク

ピックアップリンク

テキストテキストテキストテキスト
テキストテキストテキストテキスト

当サイトの情報は、管理人および業務委託ライターが制作したものです。全てのコンテンツ、文章の無断複写、転載を禁じています。ただし、サイトリンクは大歓迎です。連絡等必要ございませんので、当サイトへリンクを張ってご使用下さい。